今回はWindows10を起動したときに、自動的にアプリが実行されるようにスタートアップに追加する方法を紹介します。

自動実行するスタートアップフォルダに実行したいアプリを追加する方法や、追加したアプリを停止する方法なども合わせて紹介します。

スタートアップにアプリを追加する

はじめにWindows10のスタートアップに起動したいアプリを追加する手順です。

  1. スタートアップフォルダーを開く
  2. 開いたフォルダ内にアプリのショートカットを追加

この2つだけでOKです。

パソコンを起動したときに追加したアプリが自動的に起動するようになります。

1.スタートアップフォルダーを開く

Windows10の画面で「Windows」+「R」キーを同時に押すと「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。

ファイル名を指定して実行を表示

 
表示された「名前:」欄に以下のコマンドを入力し「Enter」キーを押します。

shell:startup
スタートアップフォルダーを表示するコマンド

 
画面にスタートアップフォルダが表示されます。

スタートアップフォルダーが表示される

次は開いたスタートアップフォルダーに実行させたいアプリを追加します。

2.作成したアプリのショートカットを追加

追加したいアプリケーションのショートカットは先にデスクトップなどに作成しておきます。

スタートアップフォルダーにショートカットを追加

ショートカットの作成方法については、以下を参照してください。
ショートカットの作成方法

 
作成したショートカットアイコンをスタートアップフォルダーに追加します。

ショートカットをスタートアップに追加

 
これで次回Windos10を起動したときに追加したアプリケーションが表示されるようになります。

以下は、もう少し詳しくスタートアップの別の開き方や、ショートカットの作成方法を紹介します。

 

スタートアップフォルダーの場所

スタートアップフォルダの場所は、上記で紹介した「ファイル名を指定して実行」から表示する方法とは別に、エクスプローラからフォルダーの場所に移動することもできます。

エクスプローラで表示するには、タスクバーのエクスプローラを開いて順にスタートアップフォルダの場所を開いていきます。

スタートアップフォルダーの場所は、パスで表示すると以下のようになります。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

途中の[ユーザー名]は、設定したユーザー名なので人によって変わってきます。また、[ユーザー名]の次にあるAppDataは隠しフォルダーになっているので、エクスプローラからたどっていくのがちょっと難しいです。

隠しフォルダを表示する方法は以下の記事を参照してください。
隠しファイルとは Windows10での表示や作成、削除方法

ショートカットの作成方法

スタートアップにアプリを登録するにはアプリのショートカットを追加する必要があります。そのため、最初にアプリのショートカットを作成しておきましょう。

アプリのショートカットを作成するには、2通りの方法があります。

  • アプリの場所を開いてショートカットを作成
  • ピン留めしたスタートメニューから作成

通常はアプリの場所を開いて実行でいいのですが、アプリによってはファイルの場所を開けないものもあるので、そういった場合はピン留めしてからショートカットを作成します。

アプリの場所を開いてショートカットを作成

ショートカットを作成する場合、通常はこの方法で作成できます。

アプリを右クリックして「ファイルの場所を開く」をすると、ファイルの場所が表示されるので表示されたショートカットをコピーします。

例えばメモ帳の場合は、タスクバーから検索して表示されたアイコンを右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択します。

メモ帳のファイルの場所を開く

「ファイルの場所を開く」でショートカットのある場所が表示されるのでデスクトップなど自分が使いやすい場所にコピーしておくといいでしょう。

ショートカットをコピーしておく

ピン留めしたスタートメニューから作成

Windows10の付箋アプリなど、右クリックしても「ファイルの場所を開く」が表示されない場合は、一旦スタートメニューにピン留めしてからショートカットを作成します。

付箋などのファイルの場所を開けない場合

アプリを右クリックして「スタートにピン留めする」を選択

スタートアップにピン留めする

ピン留めされたアイコンをドラッグ&ドロップしてデスクトップに移動させます。

ピン留めされたアプリを移動

デスクトップにショートカットが作成されました。このショートカットアイコンを、スタートアップフォルダーにコピーすると付箋アプリもWindows10起動時に毎回起動されるようになります。

ショートカットの作成に関しては以下の記事でも紹介しています。
【Windows10】デスクトップにショートカットアイコンを作成する方法

 

スタートアップの削除

スタートアップに登録したアプリを停止したいときは、スタートアップフォルダーにコピーしたアイコンを削除します。

停止したいアプリがスタートアップフォルダーにない場合は、設定からアプリの起動を止めることができます。設定を使うことで、一時的にWindows10起動時に自動的に実行するのを止めることも可能です。

スタート → 設定から行う

Windows10の左下にある [スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

スタートの設定をクリック

「Windowsの設定」ウインドウから、「アプリ」をクリックします。

windowsの設定からアプリをクリック

「スタートアップ」を選択肢、一覧で表示されたアプリの中から停止したいアプリを「オフ」にします。

停止したいアプリをオフにする

オフにしたアプリは、Windows起動時に実行されなくなります。

スタートアップに追加したショートカットは一度追加したら停止したいときに削除せずに、上記の「設定」からオフにした方がもう一度起動させたいときに「オン」にするだけなので便利です。