エラーコード(えらーこーど)
英語:Error Code
直訳:誤り番号

エラーコードとは

・OSやソフトでエラーが起きたときに分類のために表示するエラーの番号

エラーコードとは、WindowsやMacintoshといったOSや使用するソフトに問題が起きたときに、問題を分類するための数字(コード)のことです。

この数字は、OSやソフトで独自に決められている数字です。それぞれの数字には、どのようなエラーなのかわかるように分類されています。

例えば、インターネットを閲覧している際によくみるのが404エラーと呼ばれるエラーコードが表示されます。

404エラーが表示されるブラウザ

この404という数字はHTTPステータスコードとよばれ、存在しないページにアクセスした場合に表示されるエラーコードです。

なぜエラーコードが必要か

エラーコードがない場合、表示されているシステムによっては難解でわかりにくい専門的な用語でエラーの内容を記述しなければならない場合があります。

特に、日本語ではなく英語でしか表示できないこともあり、エラーが起きたときにそのエラーの文字を読んでも何が原因かユーザーはわかりません。

エラーコードがあればサポートのスタッフや修理業者にコードを伝えるだけで、どんなエラーが起きているのか、どう対処すれば問題を回避できるのかわかるようになるのです。

Windowsで致命的な問題が起こった時に表示されるブルースクリーンにも以前は問題解決のためにエラーコードが表示されていました。
ブルースクリーンとは | 発生する原因や対処法を解説

エラーコードの確認方法

エラーコードがどのような意味をもっているかは、マニュアルや詳細な資料を確認しなければわかりません。ソフトやシステムによっては、事業者だけが知っていて一般に公開していない場合もあります。

WindowsやMacintoshといった有名なOSや、Webサーバーなど多くの人が使っているものであればエラーコードの数字と意味は、ネットで検索すればわかることが多いです。

HTTPエラーコード一覧

ブラウザを使ってネットをしている時に問題が起こった時に出現するエラーコードです。それぞれのコードでどのようなエラーが起きているのかがわかります。

404エラーコードの例

400:Bad Request

要求したリクエストが異常の場合に返されます。

401:Unauthorized

Webサイトにアクセスするときに、正しいIDとパスワードが入力されなかった場合に返されます。

402:Payment Required

支払いが必要な場合に返されるコードです。現在が未実装なので見ることはありません。

403:Forbidden

アクセスを拒否されたときに返されます。アクセス権がない場合などに表示されます。

404:Not Found

このコードは見たことはある人も多いのではないでしょうか。リクエストしたページが削除されて存在しない場合や、入力したアドレスが間違っているときに返されます。

405:Method Not Allowed

許可されていないメソッドを使用した場合に返されます。

406:Not Acceptable

ユーザーエージェントから与えられたレスポンスタイプがクライアントリクエストのAccept HTTPヘッダで提供されていない場合に表示されます。

407:Proxy Authentication Required

Webサイトにアクセスするときに、プロキシの認証が必要な場合に表示されます。

408:Request Timeout

要求したリクエストがサーバーで規定した時間を超えた場合に表示されます。

409:Conflict

送られたリクエストがサーバーの現在の状態と矛盾する場合に表示されます。

410:Gone

リクエストされたコンテンツがサーバーから恒久的に移動もしくは削除されており、転送先アドレスがない場合に返されます。

411:Length Required

Content-Length ヘッダー項目がリクエストで定義されていないときに、サーバーがリクエストを拒否したことを示します。

412:Precondition Failed

サーバー側で適合しない前提条件がある場合に返されます。

413:Request Entity Too Large

リクエストがサーバーで定めている上限を超えている場合に返されます。

414:URI Too Long

サーバーに送信したURIが長すぎて、処理を拒否したときに返されます。

415:Unsupported Media Type

リクエストしたメディア形式をサーバでサポートしていない場合のエラーです。

416:Range Not Satisfiable

リクエストで指定したデータサイズよりも、データの実サイズが超えてしまった場合に返すエラーです。

417:Expectation Failed>

Expectリクエストヘッダーで指定された内容が適合しない場合に返されるエラーコードです。

418:I’m a teapot

ティーポットにコーヒーをいれる要求をしたが拒否された場合に返します。

421:Misdirected Request

レスポンスを生成できないサーバーにリクエストを送信した場合に返されるコードです。

423:Locked (WebDAV)

アクセス中のWebDAVリソースがロックされている場合に返されます。

424:Failed Dependency (WebDAV)

WebDAVで依存関係がエラーになった場合に返されます。

425:Too Early

繰り返される可能性のあるリクエストがある場合に返されます。

426:Upgrade Required

送信したプロトコルのリクエストの実行を拒否した場合に返されます。クライアントが別のプロトコルにアップグレードする必要があります。

429:Too Many Requests

一定時間に大量のリクエストを行った際のエラーコードです。

431:Request Header Fields Too Large>

ヘッダー項目が大きすぎる場合に返されるエラーコードです。

関連用語

ブルースクリーン

まとめ

エラーコードは、OSやソフトがエラーになった場合に表示される数字(コード)のことです。問題が起きた際に数字をサポートや修理業者に教えることで問題をすばやく解決することができる場合があります。

エラーコードの内容は、各システムの作成している会社や組織が決めているのでマニュアルや資料で探さなければわかりません。有名なOSやソフトなどではネットの検索でわかることも多いです。